• 人とつながる未来へネットワークを形にします。

いざという時のために正しい知識を身につけよう

地震は日本にとって避けられない自然災害の一つです。地震による被害を最小限に抑えるためには、日頃からの備えが重要です。しかし、地震の備えについては、正しい知識や情報が十分に広まっていないこともあります。そこで、この記事では、地震の備えに関する豆知識をいくつか紹介します。これらの知識を身につけて、地震に備えましょう。

地震の種類と予測

地震には大きく分けて、プレート境界型地震内陸直下型地震の二種類があります。プレート境界型地震は、プレートのずれや沈み込みによって発生する大規模な地震で、津波などの二次災害を引き起こすことがあります。内陸直下型地震は、プレートの内部で発生する小規模な地震で、地震の規模に比べて揺れが強くなることが特徴です。

地震の予測は、科学的にはまだ困難な課題です。しかし、地震の発生確率や規模を推定することは可能です。気象庁は、地震の発生確率を30年単位で発表しています。 また、国土交通省は、地震の規模や揺れの強さをシミュレーションして、地震ハザードマップを作成しています。 これらの情報を参考にして、自分の住む地域の地震のリスクを把握しましょう。

地震の備えのポイント

1.防災グッズの準備

地震の後には、停電や断水、交通機関の運休などが発生する可能性があります。そのため、最低でも3日分の食料や水、懐中電灯やラジオ、救急用品などの防災グッズを準備しておくことが必要です。 防災グッズは、リュックサックなどに入れて、すぐに持ち出せる場所に置きましょう。また、防災グッズの内容や賞味期限を定期的にチェックしましょう。

2.家具の固定

地震の揺れによって、家具や家電が倒れたり、飛んだりすることがあります。これらの落下物は、人にけがをさせたり、避難を妨げたりする危険があります。そのため、本棚や冷蔵庫などの大きな家具や家電は、壁や床に固定することが必要です。 また、窓ガラスや食器などの割れやすいものは、割れないように工夫しましょう。例えば、窓ガラスには防災フィルムを貼ったり、食器は布や新聞紙でくるんだりしましょう。

3.避難経路の確認

地震の後には、火災や建物の倒壊などの危険が発生する可能性があります。そのため、自宅や職場などで地震が発生した場合に、どこに避難するかを事前に確認しておくことが必要です。 避難経路は、できるだけ安全で迂回の少ないものを選びましょう。また、避難場所は、自分の住む地域の防災マップや防災ガイドで確認しましょう。

4.家族の連絡方法の決定

地震の後には、電話やインターネットなどの通信手段が混雑したり、途絶えたりする可能性があります。そのため、家族や友人などと連絡を取る方法を事前に決めておくことが必要です。 連絡方法としては、以下のようなものがあります。

  • 災害用伝言ダイヤル・・・NTTが提供するサービスで、地震などの災害時に、電話で伝言を録音したり、聞いたりすることができます。 災害用伝言ダイヤルの番号は、固定電話からは171、携帯電話からは各キャリアの番号になります。 災害用伝言ダイヤルを利用するには、自分の電話番号と相手の電話番号を知っておく必要があります。
  • 災害用ブロードバンド伝言板・・・インターネット上で伝言をやり取りすることができるサービスです。 災害用ブロードバンド伝言板は、各キャリアやインターネットサービスプロバイダが提供しています。 災害用ブロードバンド伝言板を利用するには、自分のIDとパスワードを知っておく必要があります。
  • 緊急速報メール・・・気象庁や消防庁などが発信する災害情報を、携帯電話やスマートフォンにメールで受信することができるサービスです。 緊急速報メールは、各キャリアが提供しています。 緊急速報メールを受信するには、事前に設定をしておく必要があります。

地震発生時の対処法

地震が発生したときには、まず自分の身を守ることが最優先です。地震発生時の対処法には、以下のようなものがあります。

室内にいる場合

室内にいる場合には、机やテーブルの下に隠れることが基本です。これは、落下物から身を守るためのものです。机やテーブルの下に隠れたら、頭や首を両手で保護することも忘れずに行いましょう。また、窓から離れることも重要です。窓ガラスが割れて飛び散る危険があります。地震の揺れが収まるまで、机やテーブルの下に隠れたままでいましょう。

屋外にいる場合

室外にいる場合には、建物や電柱などの倒れる危険のあるものから離れることが基本です。これは、落下物や倒壊物から身を守るためのものです。建物や電柱などから離れたら、頭を両手で保護することも忘れずに行いましょう。また、道路や橋などの交通の要所には近づかないことも重要です。交通事故や渋滞の発生を避けるためです。地震の揺れが収まるまで、安全な場所にとどまりましょう。

車に乗っている場合

車に乗っている場合には、路肩に停車してエンジンを切ることが基本です。これは、交通事故や渋滞の発生を避けるためのものです。路肩に停車したら、ハザードランプを点灯させることも忘れずに行いましょう。また、ラジオを聞くことも重要です。災害情報や交通情報を入手するためです。地震の揺れが収まっても、無理に走行を再開しないことが重要です。道路の状況や交通規制を確認してから、安全に走行しましょう。

地震後の注意点

地震の揺れが収まった後には、以下のような注意点があります。

火の元を確認する

地震の揺れによって、火災が発生する可能性があります。そのため、自宅や職場などで火の元を確認することが必要です。ガスや電気などのライフラインは、使用していない場合は切断しましょう。また、ろうそくやたばこなどの火気は、慎重に扱いましょう。

情報を収集する

地震の後には、津波や余震などの二次災害が発生する可能性があります。そのため、情報を収集することが必要です。ラジオやテレビ、インターネットなどのメディアを利用して、気象庁や消防庁などの公的機関が発信する災害情報を入手しましょう。また、緊急速報メールや防災アプリなどのツールも活用しましょう。

家族や友人と連絡を取る

地震の後には、家族や友人などの安否を確認することが必要です。しかし、電話やインターネットなどの通信手段が混雑したり、途絶えたりする可能性があります。そのため、事前に決めておいた連絡方法を利用しましょう。災害用伝言ダイヤルや災害用ブロードバンド伝言板などのサービスを利用することがおすすめです。

避難する場合は注意する

地震の後には、自宅や職場などが倒壊したり、火災が発生したりする可能性があります。そのため、避難する場合は注意することが必要です。避難する前には、防災グッズを持ち出すことを忘れずに行いましょう。また、避難するときには、靴を履くことも重要です。ガラスや釘などのケガの原因になるものが散乱している可能性があります。避難するときには、事前に確認しておいた避難経路と避難場所に向かうことを忘れずに行いましょう。また、避難場所に着いたら、避難者名簿に名前を記入することも重要です。これは、迅速な安否確認や被災者支援に必要です。

まとめ

地震は日本にとって避けられない自然災害の一つです。地震による被害を最小限に抑えるためには、日頃からの備えが重要です。この記事では、地震の備えに関する豆知識を紹介しました。地震の種類と予測、地震の備えのポイント、地震発生時の対処法、地震後の注意点などについて、知っておくべきことをまとめました。これらの知識を身につけて、地震に備えましょう。地震に備えることは、自分だけでなく、家族や友人、社会全体の安全にもつながります。地震に備えることは、地震に負けないことです。地震に備えて、地震に負けない社会を目指しましょう。

広告

防災士厳選の防災グッズ39点セット【ディフェンドフューチャー】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です