• 人とつながる未来へネットワークを形にします。

古来からその希少性により富の象徴とされてきた金

金は古来より、その希少性と美しさから世界共通の資産として扱われてきました。 現在でも世界中の中央銀行で準備資産として保有されており、金の価値は変わりません。 しかし、金の価格は常に変動しており、近年は高騰傾向にあります。 この記事では、金価格の高騰の背景と過去の推移、そして金に投資するメリットとデメリットについて解説します。

金価格の高騰の背景

金は世界共通の資産として需要が高い

金は鉱物ですから埋蔵量には限りがあり、無価値にはなりません。 また先進国であれ発展途上国であれ、金の価値は共通です。 金はインフレ対策としても有効だとされており、金融危機が拡大した際も、安心して保有できます。 こういったポイントから、金を保有したいと考える人が多く、金の需要が高まっています。

金の埋蔵量は限られており、供給が減少している

地球上に眠っている金の埋蔵量は決まっており、その中で人間が採掘できる範囲にある金は、非常に限られています。 産出される金の量が減っているにも関わらず、多くの人が求めるようになれば、需要と供給のバランスにより、自然と金価格は上昇していきます。

新型コロナウイルスやロシアのウクライナ侵攻などの不安定な世界情勢が金の価値を高める

2020年に入ってから、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大やロシアによるウクライナ侵攻など、不安定な世界情勢が続いています。 これらの事態は、世界経済の先行き不安やインフレ懸念を高め、株式や債券などの金融資産の価値を下げる要因となります。 一方で金は、こうしたリスクに対するヘッジとしての役割を果たし、安全資産として金を買う人が増えるため、金価格は上昇する傾向にあります。

アメリカの利上げ継続と日本の金融緩和継続による円安が国内の金価格を押し上げる

金の取引は米ドルで行われるため、日本国内の金価格は米ドルに対する為替の影響を受けます。 アメリカでは、景気回復の兆しを受けて、連邦準備制度理事会 (FRB)が利上げを継続しています。 これにより、米ドルの価値が上がり、円安が進行しています。 一方で日本では、日本銀行が金融緩和を継続しており、円の価値が下がっています。 このように、米ドルと円の価値の差が広がることで、国内の金価格は押し上げられています。

金価格の過去の推移

2000年代に入ってから金価格は大きく上昇し

2000年代に入りますと、金の価格は大きく上昇していきます。 ここには、以下のような要因が関連していました。

  • テロや戦争など、地政学的なリスクが高まったこと
  • 金ETFの登場で、金への投資が容易になったこと
  • 金融危機の発生で、金融資産の信用が失われ、金への逃避需要が高まったこと
  • アメリカの量的緩和政策で、ドルの価値が下がり、インフレ懸念が高まったこと
2020年からは新型コロナウイルスやウクライナショックなどの影響で金価格はさらに上昇している

2020年に入りますと、金の価格はさらに上昇しています。 ここには、以下のような要因が関連していました。

  • 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、世界経済の先行き不安が高まり、金への逃避需要が高まったこと
  • ロシアによるウクライナ侵攻で、地政学的なリスクが高まり、金への逃避需要が高まったこと
  • 世界的なインフレ懸念が高まり、実物資産である金への投資需要が高まったこと

金に投資するメリットとデメリット

金に投資するメリット
  • 金は鉱物であり、埋蔵量には限りがあります。 そのため、金は無価値になることがありません。 金はインフレにも強く、物価が上昇しても、金の価値は下がりません。 金は紙幣や電子マネーと違い、政府や中央銀行の政策に左右されません。 金は自分の資産を守るための最後の砦と言えます。
  • 金は世界共通の資産として扱われており、どの国でも金の価値は同じです。 金は国境を越えて自由に移動できるため、海外に資産を持つことができます。 金は国際的な取引の基準としても使われており、どの通貨にも換算できます。 金は世界で通用する資産と言えます。
  • 金は安全資産として知られており、世界情勢が不安定になると、金への逃避需要が高まります。 金はテロや戦争、金融危機、自然災害など、様々なリスクに対するヘッジとしての役割を果たします。 金はリスクに備えるための保険と言えます。
金に投資するデメリット
  • 金の取引は国際的に行われており、金の価格は米ドルで表示されます。 そのため、日本国内の金価格は、米ドルに対する為替の影響を受けます。 為替は常に変動しており、円安になれば金価格は上がりますが、円高になれば金価格は下がります。 金に投資するには、為替の動向にも注意する必要があります。
  • 金は資産の価値を守るためのものであり、収入を生むためのものではありません。 金に投資すると、金の価格が上昇すれば資産が増えますが、下落すれば資産が減ります。 金は利息や配当を生まないため、金の価格が変わらなければ、資産は増えません。 金に投資するには、金の価格の上昇を見込む必要があります。

まとめ

金に投資するには、短期的な利益よりも長期的な資産形成を目指すことが重要です。 金の価格は、世界情勢や為替などの影響を受けて、常に変動しています。 そのため、短期的に金の価格を予測することは困難です。 金に投資する場合は、長期的な視点で、金の価値が高まるという信念を持つことが必要です。 金は、資産の価値を守るためのものであり、収入を生むためのものではありません。 金に投資することは、自分の資産を安全に保管することに他なりません。 金に投資することで、自分の資産を世界の変化に対応できるようにしましょう。

広告

一番かんたんな資産防衛

ゴールド投資 for Beginners (100%ムックシリーズ) ~これが一番かんたんな資産防衛!

今の世の中に不安を感じていませんか?ロシアによるウクライナ侵攻、コロナウイルスの感染拡大、日本の財政赤字、円安などなど、世界は不安定な状況にあります。そんなとき、あなたの資産を守るために、何をすべきでしょうか?

答えは、ゴールド(金)に投資することです。ゴールドは、古くから貴重な貨幣として使われてきた金属です。ゴールドは、他の通貨や株式などとは違って、政治や経済の影響を受けにくいという特徴があります。ゴールドは、不安や危機が高まると、価値が上がる傾向があります。

では、どうやってゴールドに投資すればいいのでしょうか?ゴールドには、さまざまな種類や形態があります。金貨や金塊、金地金、金積立、金ETFなどなど。それぞれにメリットやデメリットがあります。どれを選ぶかは、あなたの目的や予算によって変わります。ゴールド投資には、購入先や商品の選び方、買い方、売り方、投資戦略など、知っておくべきことがたくさんあります。

そこで、おすすめしたいのが、この本「ゴールド投資 for Beginners (100%ムックシリーズ)」です。この本は、ゴールド投資によって手堅く将来の資産をつくるための方法を、やさしく解説してくれます。この本を読めば、ゴールド投資の基礎知識から、実践的なノウハウまで、すべてがわかります。この本は、将来の「お金の不安」に備えるために、ゴールド投資を始めたい人にぴったりの一冊です。この本を読んで、あなたの資産を守りましょう。

ゴールド投資 for Beginners (100%ムックシリーズ) ~これが一番かんたんな資産防衛!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です